ブログ村

twitter

ぜひ、行ってみてください♪

  • ヒツジの穴 - livedoor Blog(ブログ)
    とってもいいお父さんで、とってもいい関西人。関西人に悪い人はいません。そして、日本に5人しかいないエクストリームアイロニングというスポーツをなさってます。私的にこういうノリは大好きです。
  • どっちみちぺんぎん
    新しいほうのぺんこしゃんのサイトです。りにゅされました。前のところものこしておくそうなので、ぺんこしゃんの過去を見たい方は下の「どっちみちぺんぎん」へゴーです。
  • えっ!これ?みちゃうの?エピソードⅡ
    とーるさんの新しいサイト。え?とーるさんってどんな人?話の面白いイケメンですよ♪
  • カリビアンMIXファミリー☆
    カリビアンな旦那様とかわいい息子さん、そして素敵な奥様maikoさん。この3人家族がこの先どうなっていくのか、楽しみです♪
  • akkyのどうでもいいはなし
    「akkyです」ではじまるakkyさんの日常をのぞけますw何気ない日常の中にakkyさんの優しい気持ちが感じられます♪
  • どっちみちぺんぎん
    漫画が入っていて、とっても読みやすくて面白い!ぺんこさんが、めちゃかわいいです!!
  • うちの3姉妹~マンガで見る今日の出来事~
    だいっ好きなブログ。子供好きの私にはたまりません♪私のお気に入りは三女の社長ですが、性格は長女とつうじるものがありますw
  • 深夜パック28時
    おもしろいです!人間観察がすばらしい!
  • 働く女子高生のはなし
    絵のついた詩がたくさんおいてあります。必見!女子高生。いいな~~
  • hanaの日記
    プロの音楽家hanaさんのブログ。ライブとかの裏側の気持ちが読めます。ぜひ、ライブにも足をはこんでみてください。
  • 実果の日々のあしあと。
    本とか、詩とか、関西とか、いろいろ重なる部分が多い方です。かわいいイラスト必見。
  • みるく花
    私のリアル友達。かわいいサイトです。こんな看護師さんに看護してほしい♪

« 朝一番のお届けもの | トップページ | 綿で人形 »

手指を使う

今勤めている学校には本当に多種多様な先生がいらっしゃって、それぞれの考え方、立場をもってらっしゃるので、何か理由をみつけては頻繁にお話を伺ったり、または相談したりしています。
同じ出来事でも、それぞれの角度から専門的な意見を聞けるのは、とっても勉強になります。
それで、こないだそうやって話をきいていてこれは覚えておきたいなと思ったので、メモ代わりというか日記代わりにココに書いておこうと思います。

保健の先生が「あの先生の図工に対する考え方は素晴らしい」と褒めてらっしゃったので、本人に直接伺った時の話。一年生の担任で、ユニークな人柄が私も大好きな先生なのです。
その先生が図工の先生をされていたとき、6年生になってもカッターをつかえない、彫刻刀ものこぎりもつかえないという子どもがたくさんいたそうです。ちぎるとかひねるとか、そういう動きが苦手な子ども、力加減がどうも分からない子ども、最近は増えてきているそうです。そして、粘土いじりなんかは、高学年になっても気持ち良さそうに「ここツルツルしてる」といって楽しんでいる。
そういう様子をみて、なるほど最近は生活が便利になって今まで当たり前にしてきた手指の動きをしなくなったり、外で遊んで色々なものをさわってみたりという経験が少ないのだなと感じたそうです。
そこで、今回一年生の担任になったときには、おもいっきり色々なものに触れさせて、手指を使わせようと思ったそうです。
確かにそこのクラスの子どもは、みんな平気で虫を触れるし、は虫類も得意です。教室やその前の廊下にまでとってきた生物でいっぱいです。こないだ芋掘りをしたときも、虫の幼虫やらトカゲやらがいっぱい出てきたので、うれしそうに家にもって帰っていました。

図工をするときも、ちぎり絵は、はさみを使わせないで指で思う形に色紙をちぎらせたそうです。ノリも、洗えば落ちるといって、指でつけさせるとか、水彩絵の具で背景を塗る時はスポンジにしみこませて、そのままゴシゴシと画用紙に色を塗らせたそうです。「よごれてもへっちゃらな子にしたい」のだそうですw

おもしろいこだわりだなと思った事は、先生のクラスではできるだけセロテープを使わないようにしていること。なんでもセロテープで元どうりになると思っている子どもが多いのでそうしたのだそうです。例えばモノサシが折れたとき、たいていはみんなテープでぐるぐる巻きにしてしまうんだそうです。でもそれだと見た目が美しくないし不器用なまま。
だからボンドを使わせるんだそうです。注意して割れたところにボンドをさして、気をつけてくっつける。しばらくまって、はみ出したところはきれいにふいて。手間はかかるけれど、ボンドを使う方が頭も指先も使うしなにより出来上がりがきれい。そういう美的感覚も持ってほしいんだそうです。

「あとは、カッターを使えるようにしないとね」とおっしゃってました。私もよくカッターを使います。鉛筆はカッターで削っています。芯の先が尖らないので、安定して文字が書けるし危なくない。なにより鉛筆削りだと芯まで削ってしまってもったいないので、カッターで削っているのですが、これがなかなか楽しいのです。最初に粗く大きめに削った後、滑らかになるように整えて削ったりして。そういう作業が心を落ち着かせてくれるので鉛筆削りは私の癒しなのですよw
刃物というのは危険なものです。だからこそ、ちゃんと触らせておかなければならないものなんだと思います。注意をして扱わなければならないし、工夫をして操らなければならない。火もそうですね。
でも、今そういう緊張感をもって扱わなくてはならないものって、少なくなった気がします。食器だって、乱暴にしても割れないし、コンロだって火を使わないものも増えている。注意する集中する機会が減ったような気がします。
それが原因なのか、注意するとか、集中するとかそういうことができない子も増えている気がします。

「注意や集中」
なんだか今読んでいる本に、関連づいてきたなと感じてきたところで、この記事は終えておこうと思います。

« 朝一番のお届けもの | トップページ | 綿で人形 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

日常、非日常

  • 湧きあがるもの
    フォトアルバムですよ~

詩集「言の葉」「ふまれ草」

  • 光へ
    二つの詩集にあったものを、ひとつにまとめておいておこうと思います。そのうち増えてくる予定。感想なぞいただけたら、嬉しいですo(*^▽^*)o~♪

メロ達が育っています

  • 世代交代できました♪
無料ブログはココログ